【アサシン】アサシンクリードシリーズをまとめてみました

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

『アサシン クリード』シリーズは、過去の異なる時代背景を舞台にした、歴史と現代が交錯するステルスアクションゲームである。プレイヤーは秘密結社のアサシンとして、権力を握るテンプル騎士団との長きにわたる戦いを繰り広げる。このシリーズは、歴史的な背景と現代のストーリーが巧みに組み合わされており、リアルな都市や時代の再現性、壮大な物語、独特のアクションがプレイヤーから高く評価されている。過去の記憶を辿るアニムスというデバイスを通じて、多くの歴史的人物や出来事と交わりながら、真実の歴史を解明していく冒険に挑む。

UBIソフト公式サイト

youtube
目次

アサシン クリード

ユービーアイソフト・モントリオールが手掛ける『アサシン クリード』は、ステルスゲームの名作として語り継がれています。このゲームの名前は「暗殺者の教義」を意味し、その名の通り、ゲーム内では特定の教義を持った暗殺者集団の生き様が描かれます。

舞台は、十字軍時代の12世紀末のエルサレム。プレイヤーはアサシン教団の一員、アルタイルとなり、目立たず敵を倒す技術や監視から逃れる能力を駆使して様々な任務を遂行します。

このゲームの魅力は、当時としては画期的だったオープンワールドの美しい映像と、都市の壁を自由に駆け上がるフリーランニングのアクション性にあります。その動きは実際のエクストリームスポーツ、パルクールに基づいていて、壮大な景色の中での迫真のアクションは、プレイヤーをゲームの世界に引き込む魅力となっています。

しかし、物語はそこだけに留まりません。現代の青年デズモンド・マイルズの視点から、彼の祖先であるアルタイルの記憶を体験するという独特な構造が取り入れられています。デズモンドは技術で過去の出来事を再現し、その中でアルタイルとして動くという複雑なストーリー展開は、プレイヤーを更に深い興奮と感動へと導きます。

このゲームのストーリーは、歴史的な背景と現代の物語が織り交ぜられ、深いメッセージ性を持っています。十字軍とイスラム勢力の熾烈な戦争を背景に、平和と自由を求めるアサシン教団の戦いが描かれています。アルタイルはその中で多くの秘密を知り、真実を追求します。

総じて、『アサシン クリード』はただのアクションゲームではなく、深い物語と圧倒的なゲーム体験を提供する、まさにゲーム界の名作と言えるでしょう。

アサシンクリードⅡ

『アサシン クリード II』は、ルネサンス期のイタリアを舞台にした壮大なアクションゲーム。フィレンツェやヴェネツィアといった美しい都市を探索しながら、歴史的な人物や建築物と触れ合うことができます。

ストーリーの概要 このゲームの物語は、前作の続きからスタート。主人公デズモンド・マイルズは、ルーシー・スティルマンの手助けで危機的な状況から逃れ、再びアサシンの世界に足を踏み入れます。ルネサンス期、裏切りによって家族を失った青年エツィオ・アウディトーレの冒険がデズモンドを待ち受けています。

ゲームの新要素

  • 通貨システム:ゲーム内での武器、防具、絵画の購入が可能に。
  • ライフバー:防具の強化や修復が求められるリアルなダメージシステム。
  • 悪評:街中での行動が、どれだけ市民や兵士から目を付けられるかを示すゲージ。
  • 仲間を雇う:金を使って仲間を雇い、戦略的な利点を得る。
  • 街の復興:ゲーム内の収益を上げるためのヴィラの改善や発展。
  • 新アクション:さまざまな新しいアサシン技術、武器、戦術が追加。
  • データベース:物語をより深く理解するための参照情報。

『アサシン クリード II』は、前作を超える多彩な要素と深みのあるストーリーで、ゲーマーをルネサンス期イタリアの魅惑的な世界へと引き込みます。舞台の変わったこの続編は、新しい冒険と挑戦を求める全てのプレイヤーにおすすめです!

アサシンクリード ブラザーフッド

『アサシン クリード ブラザーフッド』は、ユービーアイソフトモントリオールが手がけるステルスアクションゲームです。このゲームシリーズは、歴史上の重要な出来事や人物を背景に、プレイヤーがアサシンとして活動する物語を進めていきます。

特徴:

  • このシリーズで初めて、オンラインマルチプレイが導入されました。
  • ゲームの舞台は美しいローマ市内。
  • 主人公エツィオ・アウディトーレがさらに成長し、アサシン教団のマスターとして新たなシステムを利用して部下たちを指導します。
  • 新しい武器や戦闘技術、乗馬システムなど、ゲームプレイがさらに進化しています。

ストーリー: デズモンドは、エツィオの過去の記憶を追体験することで、「エデンの果実」を探し出そうとします。一方、エツィオはローマでボルジア家の野望に立ち向かい、アサシンギルドを立ち上げて大きな革命を起こそうとします。

ゲームシステム:

  1. シングルプレイ: メインストーリーに加えて、多数のサブクエストやミッションがあります。
  2. 復興システム: プレイヤーは街を復興させて繁栄を取り戻すことができます。
  3. 教団運営: アサシンを採用・育成し、彼らをミッションに派遣することも可能です。
  4. エリア拡大: マップ内のエリアは、ボルジアの塔を破壊することで拡大していきます。

オンラインマルチプレイ:

  • プレイヤー同士が様々なルールで戦うことができるモードです。特に「ウォンテッド」モードでは、他のプレイヤーを暗殺することでポイントを獲得します。

これらの要素を組み合わせて、『アサシン クリード ブラザーフッド』はプレイヤーに深いゲームプレイ体験を提供します。

アサシンクリード リベレーション


アサシン クリード リベレーション【CEROレーティング「Z」】 – PS3

ユービーアイソフトモントリオールスタジオが手掛けるステルスゲーム『アサシン クリード リベレーション』は、シリーズの中でも特に魅力的な作品として知られています。このゲームは、『アサシン クリード II』および『アサシン クリード ブラザーフッド』の後続作品として位置づけられ、エツィオ・アウディトーレの物語を完結させます。

物語の舞台となるのは、過去と現代の2つの時代。

前作の続きとして、デズモンドと仲間たちは「エデンの果実」を手に入れるが、それを巡る戦いと謎が深まるばかり。エツィオの先祖アルタイルの遺伝子記憶を追体験することで、その真実が明かされることとなる。物語は1511年、エツィオがオスマン帝国の都市コンスタンティノープルでアルタイルの秘密を追う場面から展開します。

新システムとゲームプレイ

前作からのシステムを引き継ぎつつ、新しい要素が加わったゲームプレイが特徴。特に注目すべきは、新しい「フックブレード」や「爆弾製作」システム。これにより、より緻密で戦略的なアクションが求められるようになりました。また、アサシンのアジトを守る「アジト防衛戦」では、リアルタイムストラテジーの要素が導入され、シリーズの中でも新しい試みとなっています。

総評

『アサシン クリード リベレーション』は、シリーズファンはもちろん、新しいプレイヤーにもおすすめの一作。エツィオの物語の終焉を見届けるだけでなく、新たなゲームプレイの要素にも触れることができるので、アクションゲームファンはぜひとも手に取ってみてください。

アサシンクリードⅢ

2012年にユービーアイソフトから登場した『アサシン クリード III』は、アサシン クリードシリーズの中でも特別な存在です。北米やEUでは2012年10月30日、日本では同年11月15日に発売されました。もともとシリーズの3番目のナンバリングタイトルではありますが、実際には5作目の大作として位置づけられています。

このゲームはただの歴史ゲームではありません。1753年から1783年、フレンチ・インディアン戦争からアメリカ独立戦争までの時代背景を持つ本作は、歴史的事件や人物を交えつつ、アサシンのコナーの人生を中心に描かれています。ジョージ・ワシントンやベンジャミン・フランクリンといった名だたる人物たちとの交流も見どころの一つです。

また、新たなゲームエンジン、Anvil Nextの採用や、流れるような戦闘システムの導入、そして広大なフロンティアを探索する要素など、ゲームの内容は前作から大きく進化しています。

そして2019年には、『アサシン クリードIII リマスター』としてさらに美しさとプレイ性が向上したバージョンも登場。PCや各種ゲーム機でのリリースが喜ばれました。

物語の中心は、イギリス植民地時代のアメリカ。先住民族としての自由を奪われた背景を持つコナーが、自らの運命とアメリカ独立戦争、そして父であるヘイザム・ケンウェイとの対立を織り交ぜながら進められるストーリーは、ゲームファンでなくとも魅了されること間違いなしです。

現代の部分では、デズモンド・マイルズの物語も続いており、彼の運命やアブスターゴ社との戦い、そして人類の存亡に関わる大きな謎が描かれています。

全体として、『アサシン クリード III』はただのアクションゲームを超えた、深い物語と歴史の知識を持つ作品として多くのファンから愛されています。もしまだプレイしたことがなければ、ぜひこの機会に手にとってみてください。

アサシンクリードⅣ ブラックフラッグ

リリース情報: このゲームは2013年にリリースされ、その後も多くのファンに支持されています。実は2019年には、『アサシン クリード ローグ』とのセット版でNintendo Switchにも登場しています!

ゲームの背景: シリーズのファンなら知っていると思いますが、このゲームはアサシンクリードのナンバリング4作目として登場。ただし、シリーズ全体としては、数多くのサブタイトルも含めると6作目になります。

今回の舞台は、18世紀初頭のカリブ海、海賊黄金時代末期。主人公は、エドワード・ケンウェイ。彼は前作『III』の主人公、コナーの祖父であり、彼の冒険と成長を追体験することができます。

ストーリーのポイント: エドワードは、金と名誉を追い求める海賊。しかし、彼の前にはアサシン教団とテンプル騎士団の壮絶な戦いが広がっています。古代の秘密「観測所」を巡る戦いに、エドワードも巻き込まれていきます。

現代編も見逃せない!: このゲームの面白いところは、18世紀の海賊時代だけでなく、2013年の現代も舞台としていること。現代編では、アブスターゴ・エンターテイメント社での出来事を追体験することができ、前作の主人公、デズモンドの秘密にも迫ることができます。

総括: 海賊時代の壮大な冒険と、現代編の謎解きが楽しめる『アサシンクリードIV ブラック フラッグ』。舞台や時代背景、キャラクターの魅力に引き込まれること間違いなし!まだプレイしていない方は、是非この機会に手に取ってみてくださいね。

アサシンクリード ローグ

2014年にユービーアイソフトから発売された『アサシン クリード ローグ』は、ステルスゲームのファンにとっては見逃せない一作。アサシン クリードシリーズの中で7作目となるこのゲームは、シリーズ愛好者にとっては欠かせない一環となっています。

ちなみに、2018年にはグラフィックが一新された『アサシン クリード ローグ リマスター』がPlayStation 4やXbox Oneで登場。また、2019年には『アサシン クリード IV ブラック フラッグ』と共にNintendo Switch用の『アサシン クリード リベルコレクション』としても楽しむことができるようになりました。

舞台設定としては、『アサシン クリード IV ブラック フラッグ』の後、『アサシン クリード III』の前日譚という時系列。ゲームプレイは、海洋探検と陸上探検が融合したもので、前作『ブラック フラッグ』の雰囲気を引き継ぎつつ、新しい要素も追加されています。

物語の中心となるのは、若きアサシンのシェイ・パトリック・コーマック。彼はアサシン教団の一員として正義のために戦っていたが、ある事件をきっかけにテンプル騎士団へと寝返ってしまいます。それには彼なりの理由があって…。この葛藤と冒険に満ちた物語は、ゲームファンならずとも魅了されること間違いなし!

裏切り、冒険、そして正義。『アサシン クリード ローグ』は、これらの要素が絶妙に組み合わさった名作と言えるでしょう。

アサシンクリード ユニティ

ゲームの特徴 この作品の背景は、フランス革命時代のパリ。主人公アルノ・ドリアンは革命の陰で活動する謎の勢力の正体を解明するための冒険に挑みます。既存の三人称視点のゲームスタイルはそのままに、新たな戦闘や移動、ステルスのシステムが導入されており、より深く、リアルなゲーム体験が可能となっています。さらに、協力プレイが初めて導入され、友人と共にストーリーや探査を楽しむことができます。

物語の核心 物語の始まりは、アブスターゴ社が一般に販売しているアニムス「ヘリックス」を使用しているプレイヤーから。彼は「ジャック・ド・モレーの悲劇」というシーンをプレイ中に突如中断され、アサシン教団の一員であるビショップと接触することになります。ビショップはテンプル騎士団の陰謀を警告し、アルノ・ドリアンの記憶の中にダイブすることをプレイヤーに求めます。

アルノの過去は、父の死を契機に転機を迎えます。彼はフランソワ・デ・ラ・セールに引き取られ、青春時代を過ごします。しかし、彼の守護者であるデ・ラ・セールが殺され、アルノはその犯人を探す旅に出ることになります。アルノの父の過去やアサシン教団との関係、恋人エリスの秘密などが次第に明らかになります。

このゲームは、歴史的背景と現代の物語が絡み合いながら、プレイヤーに壮大な冒険を提供しています。

アサシンクリード シンジケート

ユービーアイソフトの人気ゲームシリーズ「アサシン クリード」の新章が2015年に登場しました。『アサシン クリード シンジケート』として知られるこの作品は、シリーズ9作目として『アサシン クリード ユニティ』の続きを受け継いでいます。また、2022年現在でシリーズの中で最も新しい時代背景としています。

舞台設定 ゲームの背景は、1868年の産業革命が華々しく進行するヴィクトリア朝のロンドン。この時代の都市の賑わい、活気、そして暗闘が美しく再現されています。

物語の中心 主人公はジェイコブ・フライとエヴィー・フライの双子の兄妹。彼らは犯罪組織を統一し、テンプル騎士団という巨大な勢力に立ち向かう勇気と策略を持つキャラクターとして描かれています。テンプル騎士団はこの時代のロンドンの支配を試みており、フライ兄妹は彼らの暗躍に対抗するため、さまざまな組織や仲間と連携して戦います。

ゲームの特徴 基本的な三人称視点のゲームスタイルは前作を継承しているものの、移動方法や戦闘スタイル、ステルスアクションが一新されています。特に、ロンドンの街を駆け巡る移動体験は、前作とは一線を画すものになっています。しかしながら、この作品にはマルチプレイモードは導入されていません。

『アサシン クリード シンジケート』は、壮大な歴史背景の中での冒険と策略を楽しむことができる作品として、ファンからの評価も高い1本です。シリーズを愛するファンはもちろん、19世紀のロンドンを舞台にしたゲームを探している方にもおすすめです。

アサシンクリード オリジンズ

歴史の舞台 古代エジプトのプトレマイオス朝末期を背景に、自由を愛するアサシン教団と「古き結社」(後のテンプル騎士団)の始まりの戦いを探求します。タイトルの「オリジンズ」は「起源」という意味で、シリーズがこれまで描写した時代よりも更に古い歴史を紐解く挑戦を試みています。

ゲームの革新 システム面では数々の新機能が実装。RPG要素が強化され、敵もプレイヤーもレベル制を持つようになりました。新しい偵察システムでは、鷹のセヌを使って敵地を偵察したり、マーキングすることが可能です。戦闘も一新され、弱攻撃と強攻撃の使い分けや、装備によるバフ/デバフが特色としています。

壮大な古代エジプト ゲーム内の古代エジプトは、息を呑むような美しさのシームレスなオープンワールドです。一部地域には制限が設けられているものの、ゲームの進行とともにこれらの制限が解除され、プレイヤーは自由に探索を楽しむことができます。

新機能「フォトモード」 シリーズで初めて導入された「フォトモード」は、ゲームの美しい風景や瞬間をキャッチして共有するためのモードです。SNSでの共有も可能で、その美しい瞬間を世界中のプレイヤーと共有することができます。

知的な探求「ディスカバリーツアー」モード ゲームの戦闘を離れて、古代エジプトの歴史や遺跡を学びながら探索する新しいモード。2018年2月に日本語対応としてリリースされ、古代エジプトの魅力を深く探求することができます。

『アサシン クリード オリジンズ』は、シリーズファンや歴史愛好者、そして新しいプレイヤーにも強くおすすめの作品となっています。この壮大な冒険で、古代エジプトの魅力とアサシン教団の起源を体験してみてください。

アサシンクリード オデッセイ

2018年10月5日、ゲームの巨人ユービーアイソフトが「アサシン クリード シリーズ」の新たな章『アサシン クリード オデッセイ』を世界に披露しました。前作『オリジンズ』の続きを引き継ぎながら、シリーズ史上最も古い時代、紀元前430年のペロポネソス戦争時代の古代ギリシアを舞台に、プレイヤーは新たな冒険へと足を踏み入れます。

新しい選択、新しい物語 『オデッセイ』は、これまでのシリーズとは一線を画す特徴を持ちます。初めての主人公選択機能を通じ、プレイヤーは勇敢な戦士アレクシオスか、果敢な女戦士カサンドラのどちらかを選び、その選択によって物語が変わります。更に、ゲーム中の選択肢も物語の進行やエンディングに大きな影響を与えるので、あなたの選択が真の冒険となります。

特典情報 『オデッセイ』をさらに深く楽しむためのシーズンパス購入者には、サプライズが!2019年3月には、『アサシン クリード III』のリマスター版がリリースされ、そこには『レディ リバティ』も含まれています。

この壮大な古代ギリシアの世界で、新しい冒険、新しい選択、そして新しい運命が待っています。『アサシン クリード オデッセイ』で、あなた自身のギリシアの英雄伝説を作り上げてください。

アサシンクリード ヴァルハラ

2020年11月10日、ユービーアイソフトから新たな冒険の舞台が登場しました:『アサシン クリード ヴァルハラ』。これは、2018年に発売された『アサシン クリード オデッセイ』に続く、シリーズの12作目となる壮大な作品です。

時代はヴァイキングの黄金期 本作は、9世紀のヨーロッパを舞台に、ヴァイキングの侵攻とその冒険を中心に展開します。プレイヤーは、戦士団のリーダー・エイヴォルとして、新しい故郷を探求し、イングランドの四つの王国へと民を導く使命を背負います。

ヴァルハラの伝説 タイトルにもある「ヴァルハラ」は、北欧神話における神聖な神殿で、勇敢な戦士たちが死後に集まる場所を指します。この伝説に従い、ヴァイキングの戦士たちは、勇敢に戦い抜き、戦場での英雄的な死を追い求めました。

このゲームは、歴史のページから飛び出してきたようなヴァイキングの世界を、リアルに再現しています。プレイヤーはヴァイキングの英雄として、荒れ野を駆け巡り、壮大な戦闘を体験することができます。

ヴァイキングの伝説、冒険、そして栄光を追い求めるあなた。『アサシン クリード ヴァルハラ』で、史上最も勇敢な戦士の一人として、新たな歴史を紡いでみませんか?

アサシンクリード アルタイルクロニクルズ

ゲームロフトの製作による、アクションゲーム『アサシンクリード アルタイルクロニクルズ』は、アサシンクリードシリーズの新たな章として登場。ニンテンドーDS版とiPhone版が既にリリースされており、ファン待望のスピンオフ作品として位置付けられています。

物語の背景 舞台は西暦1190年、第三回十字軍の時代。伝説のアサシン、アルタイル・イブン・ラ・アハドの若き日の姿が描かれます。彼はテンプル騎士団との激しい戦いの中で、伝説の聖杯を追い求めます。この物語の中で、ダマスカス、エルサレム、アッカという中東の三大都市に、新たにタイアとアレッポが登場します。

物語の展開 アサシンクリードファンにはお馴染みの、アルタイルがアサシン本部に戻ろうとしたその時、彼が目にしたのは、テンプル騎士団に襲われるアサシンの本部でした。彼は本部を救い、そして新たな任務を受け入れることとなります。その任務とは、聖地を巡る戦いの結果を変えるほどの力を持つ、伝説の聖杯“カリス”を手に入れること。

『アサシンクリード アルタイルクロニクルズ』は、シリーズの正史からは除外されていると言われていますが、アルタイルの冒険と成長の一部として、ファンには外せない一作となっています。舞台は古代の中東、新たな冒険が待ち受けるアルタイルの物語をぜひ体験してみてください。

アサシンクリードⅡ ディスカバリー

Griptonite Gamesの手掛けるアクションゲーム、『アサシンクリード II ディスカバリー』は、アサシンクリードファンにとって新たな舞台と冒険を提供しています。この作品は、ニンテンドーDS向けに製作され、iPhone版も同時にリリースされましたが、残念ながら日本ではDS版は発売されていません[2]。

特色と機能 『アサシンクリード II ディスカバリー』は、シリーズの前作『アサシン クリード アルタイルクロニクルズ』に続くDSタイトルとして登場します。この作品は、カメラ機能を駆使して、プレイヤー自身の画像をゲーム内の手配書に設定できるなど[3]、DSの特性を活かした独自の機能が盛り込まれています。そして、シリーズとしては初の2.5次元の視点が採用されており[4]、これにより新鮮なゲーム体験が可能となっています。

物語の背景 物語は、『アサシン クリード II』の中の1491年に始まります。主人公、エツィオ・アウディトーレは、スペイン異端審問により囚われたアサシン仲間を救出するため、スペインへと冒険します。その旅の中で、エツィオはテンプル騎士団が新世界への探検を計画していることを知り、再び彼の戦いが始まります。

『アサシンクリード II ディスカバリー』は、エツィオの新たな冒険と戦いを描く作品として、ファンの間で大変な人気を集めています。エツィオのスペインでの冒険を、ぜひあなたの手で体験してください。

アサシンクリード ブラッドライン

ゲームの特徴 『ブラッドライン』は、シリーズの象徴的なフリーランニング要素を活かし、非常に自由度の高いアクションを楽しむことができます。ただ、他の主要なシリーズ作品とはいくつか異なる点があり[2]、それゆえに独自の世界観を持つスピンオフとしての側面が強調されています。更に、PS3版『アサシン クリード II』との特別な連動要素も魅力の一つです。

違いを楽しむ 前作『アサシン クリード』との違いは多岐にわたります。デズモンド・マイルズなどのキャラクターの不在、アサシンのスタイルの変化、新しいアップグレードシステムの導入など、さまざまな新要素が追加されています。特に、武器やアクションのアップグレードが可能な新システムは、プレイヤーの戦術や戦略を深める要素として注目されます。

物語の背景 アルタイル、シリーズの象徴的なキャラクターは、テンプル騎士団との先の戦いから数ヵ月後の物語に登場します。新総長アルマン・ブシャールのもと、テンプル騎士団は再び動き始めます。アルタイルは彼らの後を追い、キプロス島への冒険へと足を踏み入れます。彼の目的は、秘宝を求めるテンプル騎士団を阻止すること。レジスタンスとの連携を深めながら、アルタイルは再びテンプル騎士団との戦いに挑むのです。

『アサシン クリード ブラッドライン』は、アルタイルの新たな戦いと冒険を描く、PlayStation Portable専用の注目作です。シリーズファンはもちろん、新たにアサシン クリードの世界に足を踏み入れる方にも楽しんでいただけるでしょう。

アサシンクリードⅢ レディリバティ

ゲームの魅力 この作品は『アサシン クリード III』と深く繋がりながら、独自の物語を描きます。ゲームの舞台は1765年から1780年までのアメリカ独立戦争の時代。主人公は魅力的な女性アサシン、アヴリーン・ドゥ・グランプレ。彼女はニューオーリンズを舞台に、その生き様を力強く描かれています。

特徴的なストーリー アヴリーンは逃亡奴隷のアガットからアサシンの教えを学ぶことに。彼女の物語は、人種や民族の問題と織り交ぜられながら進行します。特に、プラセージュやクレオールなどの文化背景がストーリーに深く組み込まれています。

シリーズとの繋がり 本作は、アサシン教団の敵、テンプル騎士団との戦いを描くなかで、シリーズのキャラクター、コナーとの出会いも楽しめます。デズモンド・マイルズが中心のシリーズとは異なり、本作の設定はアブスターゴ社が新たに開発した商品としての側面も。

展開 『レディ リバティ』の魅力は、PlayStation Vitaだけでなく、PS3の『アサシン クリードIII レディ リバティ HD』や、他のプラットフォームにも展開。その人気は、クリスタルホワイト版のPlayStation Vitaとの同梱セットとしても証明されています。

『アサシン クリード III レディ リバティ』は、シリーズのファンはもちろん、新しいプレイヤーにも魅力的な作品となっています。アヴリーンの冒険を是非体験してみてください。

アサシンクリード クロニクル

『アサシン クリード クロニクル』は、アサシン クリードシリーズから派生した新しいスピンオフシリーズです。Climax Studiosとユービーアイソフトモントリオールスタジオのコラボレーションにより生まれたこの三部作は、従来のシリーズとは一味違った2.5Dの独特なビジュアルスタイルで描かれています。

チャイナ編 2015年4月にリリースされた『アサシン クリード クロニクル チャイナ』は、明朝時代の1526年を舞台に、映像作品『アサシン クリード エンバース』に登場したアサシン、シャオ・ユンの物語が繰り広げられます。さらに、2019年にはこのゲームを元にしたコミック版もスタート。こちらは、シャオ・ユンの子孫と現代を繋げるストーリーが独自に展開されています。

インディア編 2016年1月のリリースとなった『アサシン クリード クロニクル インディア』は、シク王国と東インド会社の戦争を背景に、アルバーズ・ミールというインドのアサシンの冒険を描いています。

ロシア編 そして、2016年2月に登場した『アサシン クリード クロニクル ロシア』は、1918年の十月革命直後を舞台に、コミック『Assassin’s Creed: The Fall』にも登場するアサシン、ニコライ・オレロフの物語を追います。

特別版 この三部作は、2016年2月にPS4とPlayStation Vita向けのパッケージ版としても発売されました。シリーズお馴染みのアクションはそのままに、新たなゲームデザインと物語が追加されています。

『アサシン クリード クロニクル』は、従来のファンはもちろん、新たなプレイヤーやコミックファンにも楽しめる内容となっています。この新しい冒険を是非体験してみてください。

アサシンクリード ミラージュ

シリーズ15周年を記念し、待望の最新作が登場しました。本作は、シリーズの原点に立ち返り、プレイヤーは緻密な「調査」、ターゲットの「付け狙い」、完璧なタイミングでの「ストライク」、そして追手からの巧妙な「逃走」を駆使しながら、緊張感あふれる暗殺ミッションを遂行します。時代背景は「アサシン クリード ヴァルハラ」の20年前に設定されており、主人公はエイヴォルの師匠であり、前作で重要な役割を担ったバシム・イブン・イスハークです。シリーズの伝統を継承しつつ、新しい舞台と魅力的なキャラクターで、ファンに新たな体験を提供するこの作品は、まさにアサシン クリードの新たな里帰りと言えるでしょう。

アサシンクリード シャドウズ

youtube

アサシン クリード シャドウズ:2024年11月15日発売決定!安土桃山時代を舞台に新たな刺客の物語

ユービーアイソフトは、世界中で愛される『アサシン クリード』シリーズの最新作、『アサシン クリード シャドウズ』を2024年11月15日に発売すると発表しました。対応機種はプレイステーション5、Xbox Series X|S、そしてPCです。本作は、日本の歴史的な時代である安土桃山時代を舞台に、プレイヤーに新たな体験を提供します。

安土桃山時代に没入する

『アサシン クリード シャドウズ』では、プレイヤーは日本の戦国時代後期、安土桃山時代にタイムスリップします。この時代は、戦国大名たちが権力を競い合い、武士道や忍者文化が栄えた時代です。本作はその独特な文化と歴史を忠実に再現し、プレイヤーにリアルで没入感のあるゲーム体験を提供します。

主人公たちの物語

本作の特徴の一つは、二人のメインキャラクターの視点から物語が展開されることです。一人は冷静沈着な忍者、もう一人は誇り高き侍。この二人のキャラクターが、それぞれの信念と技術を駆使しながら、時に協力し、時に対立しながら進んでいく物語が描かれます。

  • 忍者キャラクター:影の中から敵を襲うステルスアクションが得意。忍術や巧妙な罠を駆使し、静かに任務を遂行します。
  • 侍キャラクター:正面からの戦闘を得意とし、剣技や武士道精神に基づいた戦闘スタイルを展開します。

新たなゲームプレイ体験

『アサシン クリード シャドウズ』は、これまでのシリーズ作品と同様に広大なオープンワールドを舞台に、自由度の高い探索とミッションを提供します。しかし、今回は忍者と侍の二つの異なるプレイスタイルが融合し、全く新しいゲームプレイ体験が楽しめることが特徴です。

  • ステルスと戦闘の融合:忍者のステルスアクションと侍の豪快な戦闘がシームレスに切り替わることで、多彩な戦術が可能となります。
  • 歴史的な再現:安土桃山時代の日本の風景、建築、人物を忠実に再現。歴史的な出来事や人物も登場し、プレイヤーはその中で自由に物語を体験できます。

発売日と対応機種

『アサシン クリード シャドウズ』は、2024年11月15日に発売予定です。対応機種は以下の通りです。

  • プレイステーション5
  • Xbox Series X|S
  • PC

これまでのシリーズファンはもちろん、新たに『アサシン クリード』シリーズに触れるプレイヤーにとっても、魅力的な作品となること間違いありません。今後の情報公開が待ち遠しいですね。

『アサシン クリード シャドウズ』が提供する新たな冒険の旅に、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次